会報「赤とんぼ」インタビュー記事より


台湾国策顧問、金美齢さんのインタビューより

MOE …TVでもなんでも、日本のメディアっていうのは、音楽をやっている人間が政治に関わる発言とか、「台湾YES」って言う事とか、すごく嫌うんですよ。それで私達が台湾にライブしに行く事とかにも「危ないからやめた方がいい」って言われて。何か、台湾独立は悪い事だっていう事を植え付けようとするんですよ。なぜメディアはレッテル張りみたいな事をするんでしょうか?

金美齢 それはね、メディアの思い込みみたいなところがあるのよ。深く考えもしないで「台湾側に立ったら中国にイジメられる」とね。まぁ、中国っていうのはマーケットも国も大きい、大きな力を持ってる国だからね。 結局みんな弱虫なのよ。みんな強い方に付きたいのよ。台湾って言うのは小さくて弱い所だから。でもそれを正直に言えない。自分でもわかってないのかもしれない、認めてないのかもしれない、自分が弱虫だっていう事にね。「大きい中国に付きたいんだ、小さい台湾には付きたくないんだ」と絶対に言わないの。だから「台湾独立と言っている方が悪い」とか「台湾に行くのは危険だ」とか言うわけよ。だけどその本音は何かっていうと、弱虫なだけなのよ。大きな方に付きたいんです、力のある中国に。台湾の悪口をいくら言っても台湾は何も反撃出来ないし、イジワルも出来ない。それにそういう事はしない国でしょ。だけど日本が中国の批判をしたり、台湾寄りになったりすると、中国から物凄い干渉が来るんだから。それが嫌なのよ、みんな。その内に「中国に行って何かするのは素晴らしい出来事」で「台湾に行ってライブをするのはやめた方がいいんじゃない」という擦り込みになっちゃうわけですよ。それで深く考えもしないでそれを受け入れてしまう。竹村さんがよく言ってるでしょ「日本の常識は世界の非常識だ」と。あの人も「日本の常識」な人じゃない。「中国に寄った方がいい、台湾に寄るとロクな事がない」っていう。だから日本の常識を打ち破らなくちゃいけない。それに台湾っていい所じゃない。「ライブをしに行く」っていう意思表示にさえ「やめた方がいいんじゃない?」って言う人達は、はっきり言って、それは弱虫でみっともなくて卑怯なのよ。でも本人達では自覚してないんだものね。…

つづく 本編記事全2ページ


元真珠湾攻撃日本海軍パイロット 前田武さんインタビューより

MOE 予科練の時のお話をお聞かせ願えますか?
前田 私は3800時間、全体の飛行時間があるのだけれど、練習は200時間であとは戦争だからね。真珠湾からミッドウェー、ほとんどが実戦で飛んでましたから…。甲種予科練は旧制中学の4年2学期を終了してから17、18歳で入るのだけれど、兵学校と陸士と同じくらいです。予科練に入ってくるのは府立一中、二中、麻布中などの卒業生が多くてね、今でいう一流の学校卒ばかりなんですね。(乙種は高等小学校15歳) 私は横須賀の航空隊に入るのだけれど、予科練での訓練期間は1年半。学科はね数学、物理科学、その程度であとは体力。飛行機乗りは非常に体力を使うわけです。…

つづく 本編記事全1/2ページ